10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしようもないんだよ。
もうここまできてるんだ。
みんながいつ立ち去って行ったか分からないだろう。
ぼくは遭難まっしぐらの沈没予定船の船長。
船倉のネズミたちは前の港で全部逃げていった。
話ができる賢いネズミも何もいわずに。

きたみちをもどって。
タイムマシンみたいに。

群れを見失った渡り鳥。
ほかのみんなは東南アジアで豊かに暮らしているはずだ。
はぐれた鳥はどうなるんだろうな。
すぐ死ぬよな、みじめに。

決定的なちがい。
どうにもならないような。
会話は筆談で。

ダムをつくるカナダのビーバー。
川をせき止めると、溝を埋めると、だれかのスペースに入ると争いがおきるんだ。
ぼくにはやることがある。
限りあるすくない生命力を削られない。
だからきみを理解する努力をするよ。
スポンサーサイト

無言

おはようございます

自動車の専門学校に入学して約1ヵ月半が経ちました。
学校で専門的な分野を学ぶのはとても楽しいです。
しかしその学業の先に待っているものは勿論社会に出ること、即ち就職ですね。
私の通っている学校はビジネス学校とも言われるほど企業との繋がりも多く、
挨拶、社会マナー、社会での考え方なども教えこまれます。
つい最近まで高校生だった私はまだまだ子供ですし、こういう社会的なことを聞いて
「今までとは考え方が違うんだな」なんて納得することもあります。

でも、たまに自分が変わってしまいそうで怖いな、と思うことがあります
社会での人間関係の仕組みや、気付けないと「こいつはダメだな」と思われてしまう
言葉では交わされない、まるでその人を試しているような重要なサインなど、
自分が変わろうと思っていなくても、それを知ることによって物の見方、
考え方が社会的目線になってしまう。それがとても怖いんです。
でもきっとそういうことを知って皆大人になっていくのでしょうね。
本当に自分にとってそれが正しいことなのかな。
もちろん社会的に立派になることが悪いことだとは言わないし、
そういうルールの中で生きている人は凄いと思うよ、素直に。

今までだって歳上の人には敬意を払ってきたし、挨拶だって割とするほうだし
元々人見知りだったけど今では初対面の人に話しかけることだってできる。
そういう自分が当たり前だと思ってやってきたことを、今更社会の枠に
ひとつずつ、きちんとはめられていくのがとても苦痛です。
・・なんかこれだと自分が物凄く反社会的な思想を持ってるみたいですね。
そういうわけではないのですが、なんか自分でもよくわからなくなっちゃったな
ただちょっと子供のままでいたい気持ちと社会常識が自分の中でぶつかって
その変化についていくのがつらくて、戸惑っていました。

午後

こんにちは
もう暖かくなってきましたね。
学校ではツナギを着ているのでちょっと暑いです。

学校の方では現在ロードスターのエンジンを分解、組立、
クルマの点検や工具の使い方など基本的なことをやっています。
私、周りに比べたらクルマのことはあまり詳しくないけれど
「なんでこんなことがわからないの?」って自分でも思うようなことでも
周りの人達がとても親切で教えてくれるので助かっています。

最近は「羊をめぐる冒険」を読んでいます。とてもおもしろいですね
私はこの本を読まずにダンス・ダンス・ダンスを先に読みいっていたので
羊をめぐる冒険を読んでいるといろんなところが繋がっていくな、と思います。
先週実家に帰ったときに、ママに村上春樹の新作と東京奇譚集と
村上春樹訳のティファニーで朝食をとカラマーゾフの兄弟(漫画)を買ってもらいました。
カラマーゾフの兄弟は以前から気になっていたのですが小説を読む時間も無く、
漫画版を見つけたので購入しました。漫画版でも十分すぎるほど面白かった。
読み終わったあとに心の底に大きな石を投げ込まれたような感覚に陥りました。
これはいつか小説でも読んでみたいな。裁判の章は読んでいてドキドキした。


最近思ったこと。部屋には数冊の本と机とギターだけという無機質な部屋に住み
学校から帰ってきたら家事をして勉強をしてシャワーを浴び、寝るという
シンプルでスマートな生活って無駄がなくてカッコいいな、と1Q84の青豆を
思い出して考えていました。でも私には全く似合いませんね。
最初はお気に入りの本を数冊だけ持ってきていましたが、
今じゃ買ったものや実家から持ってきたものを合わせて20冊は軽く越えています。
やっぱり自分の好きなものに囲まれていたほうが落ち着きますね。
もちろんそれは人によって違うけれど私は好きなもので埋まっている部屋が
とても居心地がいいなぁ、と思いました。

今日は1日中ゴロゴロしていました。
目的を持たずに1人で外に出るのは苦手です。お昼寝日和ですね。

I was living good today
beautiful flower bloomed. It was the refreshing blue sky
She says "I think so very Beautiful" She Smile.
She laughs She laughs This is my happiness

It rained on the next day
I dislike rain. The world becomes gray
She says"The world without a color wants to look" She wonders
She Think She Think This is my pleasure

She is busy for dreaming freedom
The sun is too just hot for me.and moonlight is too cold
mam sweet voice to melt in brain.
money of the daddy like the paper waste
My face does not have a color. It is a cast-off shell
where should I go to?

A color disappeared when I got up
She waited for me with an umbrella when she went out.
The color of her umbrella ----

みんな同じ時間を生きて幸せになってほしいと思う

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。