11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくはぼくの今週の楽しみに深夜、小説を1時間くらい読むあそびをしたところだよ。
時給でいえば900円くらい。
でもその1時間はぼくにとってもちろん900円以上の価値がある。

今週の深夜の読書はテンポがよくて、すごく軽いんだけどそれなりに読み応えがある作品を選んだつもりだった。
たとえば眠りを誘いつつ、夢のなかで再現されるような。
その物語は一貫として主観でかかれていて。

ちょっとなんていったらいいのか分かんないな。
とにかく衝撃をうけて混乱してる。

ええっと、うまくまとまんない。

うん、まとまらない。
スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。